Difference between revisions of "SUM and COUNT/ja"

From SQLZOO
Jump to navigation Jump to search
 
(2 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 1: Line 1:
{{Languages}}
+
{{Languages|SUM_and_COUNT}}
 
世界各国のプロフィール: 集計関数
 
世界各国のプロフィール: 集計関数
  
Line 19: Line 19:
  
 
以下の例を見ておくとよい。
 
以下の例を見ておくとよい。
<p>[[Using SUM, Count, MAX, DISTINCT and ORDER BY/ja]].</p>
+
<p>[[Using SUM, Count, MAX, DISTINCT and ORDER BY/ja|SUM, Count, MAX, DISTINCT と ORDER BY の利用]]</p>
 
==世界人口のトータル==
 
==世界人口のトータル==
 
<div class='qu'>
 
<div class='qu'>
Line 131: Line 131:
  
 
<p><div class="quizlink">[[SUM and COUNT Quiz/ja]]</div></p>
 
<p><div class="quizlink">[[SUM and COUNT Quiz/ja]]</div></p>
<p>[[The nobel table can be used to practice more SUM and COUNT functions./ja]]</p>
+
<p>[[The nobel table can be used to practice more SUM and COUNT functions./ja |ノーベル賞テーブルをさらに SUM と COUNT の練習で使う]]</p>
<p>[[The_JOIN_operation/ja |次のチュートリアルでは卓球のデータベースで、2つの関連するテーブルのレコードを扱うクエリを説明する]]
+
<p>[[The_JOIN_operation/ja |次のチュートリアルではサッカーのデータベースで、2つの関連するテーブルのレコードを扱うクエリを説明する]]

Latest revision as of 05:14, 24 March 2020

Language:Project:Language policy English  • 日本語 • 中文

世界各国のプロフィール: 集計関数

このチュートリアルでは COUNT, SUM , AVG などの集計関数を扱う。集計関数は多数の値から1つの値を計算する。例えば、関数 SUM は 2, 4 ,5 から1つの値 11 を計算する。

namecontinentarea populationgdp
AfghanistanAsia6522302550010020343000000
AlbaniaEurope28748 2831741 12960000000
AlgeriaAfrica2381741 37100000 188681000000
AndorraEurope46878115 3712000000
AngolaAfrica1246700 20609294 100990000000
...

以下の例を見ておくとよい。

SUM, Count, MAX, DISTINCT と ORDER BY の利用

世界人口のトータル

世界の総人口を表示。(各国の人口を合計)

world(name, continent, area, population, gdp)
SELECT SUM(population)
FROM world
SELECT SUM(population)
FROM world

大陸のリスト

大陸名を重複しないように表示。

SELECT DISTINCT(continent)
FROM world

アフリカのGDP

アフリカAfrica の各国のgdpの合計を求める。

SELECT SUM(gdp)
FROM world
WHERE continent = 'Africa'

大きな国の数

面積が少なくとも 1000000 以上の国の数を求める。

SELECT COUNT(name)
FROM world
WHERE area >= 1000000

バルト三国の人口

'Estonia', 'Latvia', 'Lithuania' の人口合計を求める。

SELECT SUM(population)
FROM world
WHERE name IN ('Estonia', 'Latvia', 'Lithuania')

GROUP BY と HAVING の使用方法

この例を見てもよい: Using GROUP BY and HAVING./ja

各大陸の国の数を数える

各大陸continentごとに大陸名continentとそこの国の数を表示する。

SELECT continent, COUNT(name)
FROM world
GROUP BY(continent)

各大陸の大きな国を数える

各大陸の人口が10000000人以上の国を数え、大陸名とその数を表示する。

SELECT continent, COUNT(name)
FROM world
WHERE population >= 10000000
GROUP BY(continent)

大きな大陸を数える

その大陸の各国の人口の合計が100000000人以上の大陸のリストを表示する

SELECT continent
FROM world
GROUP BY continent
HAVING SUM(population)>= 100000000

ノーベル賞テーブルをさらに SUM と COUNT の練習で使う

次のチュートリアルではサッカーのデータベースで、2つの関連するテーブルのレコードを扱うクエリを説明する